おばあちゃんが病院に行きました

私のおばあちゃんは、今、老人ホームに入所しています。なので、そこで、健康管理をしてもらっています。もう、車椅子の生活ということもあり、家では看ることが不可能になり、老人ホームにお願いすることになりました。

耳が遠いくらいで、意識もしっかりとしているおばあちゃんなのですが、そのおばあちゃんが一週間前から体を動かすと腰が痛いと言い出しました。最初は、ちょっと痛いと言っていたくらいなのですが、それがだんだんと痛みが強まってきたみたいで、ちょうど一週間が経ったころには、病院に連れて行かないといけないほどになりました。

そこで、私の母が、おばあちゃんを病院に連れて行ってくれたのですが、レントゲンを取ったりしても結局、痛みの原因は分からず痛み止めをもらうだけで診察は終了となりました。

その痛み止めを飲んで、腰の痛みが治ればいいなとは思うのですが、痛み止めのお薬も2週間分もらっただけなので、それが終わったらどうしようかと思います。車椅子ということもあり、病院に行くのも一苦労です。車に乗せて移動するのですが、今、腰が痛いおばあちゃんは、その車での振動も腰にくるみたいで、痛がっていたそうです。

家族みんなで、どうしたらいいのだろうかと、頭を抱えています。痛みを訴えるおばあちゃんを見ていると辛いのですが、正直言って、どうすることもできません。病院に行って、レントゲンの結果、痛み止めをもらうだけだったということなので、それ以上、病院に行っても同じことの繰り返しになります。このまま、痛みが治まってくれたらいいのですが、今後、痛みが続くようなら、どうしてあげようかと話しています。

とりあえず、顔を見に行って、腰の痛みを聞いたり、少しでも痛みがマシになるように、話を聞いてあげたりしようかなと思っています。年齢を重ねると、体がいろいろと痛くなるとは思うのですが、見ている側も辛いものだなと思います。そんな中での救いは優しい看護師さんです。おばあちゃんの担当の看護師さんは、看護師求人|和歌山市で好条件の職場の探し方【私の転職体験談】というサイトを利用して転職してこられたばかりだそうなのですが、とてもよく気のつく優しい方で、そんな方が担当なのは、とても心強いです。